RAW?JPEG?おすすめの設定はどっち?

カメラでは撮影した写真の記録方式をRAWファイルにするかJPEGファイルにするかを設定できます。
RAWファイルとJPEGファイルで何が違うのか、RAWファイルとJPEGファイルどっちがおすすめなのか理由も含めて解説しました。

もくじ

RAWとは?JPEGとは?

RAWファイルやJPEGファイルは写真データのファイル形式です。
一般的にカメラで撮影をした写真はメモリーカードにRAWファイルかJPEGファイルで保存されます。
RAWファイルで保存するか、JPEGファイルで保管するかはカメラの設定で変更することができます。
※カメラによってはRAWで保存ができないものや、RAWとJPEGの両方のファイルを保存できるものもあります。

RAWとは

RAWは撮影した写真のデータを圧縮や加工しない生の画像データのことです。
撮影後に明るさや色味などを調整(RAW現像)することを前提としたデータで、撮影したデータを圧縮や加工をせず情報量の多いままメモリーカードに保存します。ファイルサイズはJPEGに比べて大きくなりますが、撮った写真を自分の思い通りのイメージにすることができます。

JPEGとは

JPEGは撮影した写真のデータを取り扱いしやすいように圧縮した画像データのことです。
データを圧縮する過程で多くの色や明るさなどの情報を取り除いているため、後から加工・編集しようとすると画像が劣化したり、思うような明るさや色味に調整できないことがあります。RAWよりもファイルサイズが小さいので多くの写真を撮ることができ保管容量も少なくて済みます。

実際の写真でRAWとJPEGを比較

実際の写真でどのような違いが出てくるのかを比較したいと思います。
今回はソニーのα7CでRAW+JPEGの設定にして空を撮影してみました。モードはオートにして各種設定をカメラにお任せで撮影しました。

①RAW(編集なし)とJPEG(編集なし)の比較

まずはRAWもJPEGもどちらも編集なしの場合の比較です。RAWはAdobeから出ている編集ソフトLightroomを使用して、編集しないままJPEGで書き出しました。同じ設定で撮影していますが、JPEGの方が色味が鮮やかに出ています。私にも理由は分かりません。理由を知っている方がいたら教えてください。

RAW(編集なし)
JPEG(編集なし)

②RAW(編集あり)とJPEG(編集あり)の比較

次にLightroomを使用して、RAWとJPEGをそれぞれハイライトと白レベルを最大まで下げて、シャドウと黒レベルを最大まで上げてみました。(差を見るためにあえてかなり極端な編集をしています。)

RAW(編集あり)
JPEG(編集あり)

白色で囲った部分に注目すると、JPEGの方がRAWに比べて白飛びしている部分が多いのがわかるかと思います。編集なしの時はRAWもJPEGも同じくらい白飛びしているように見えていますが、編集するとRAWデータは白飛びしているように見える部分を復活させることができます。

RAW(編集あり)拡大
JPEG(編集あり)拡大

どの設定がおすすめ?

RAW、JPEG、RAW+JPEGどの設定にするのが良いのか「こんな人にはこの設定がおすすめ!」というのを下の表にまとめました。

RAWがおすすめな人
  • 細かい設定を気にせずに気軽に写真を撮りたい人
  • 撮影した後に色味や明るさの調整(RAW現像)を楽しみたい人
JPEGがおすすめな人
  • データ容量をなるべく抑えてたくさん写真を撮りたい人
  • カメラ内のフィルターを使って撮影をしたい人
RAW+JPEGがおすすめな人
  • RAWとJPEGどっちのスタイルか決まってない人

※データ量がかなり多くなるので、自分の撮影スタイルが決まったらRAWかJPEGどちらか片方の設定にするのがおすすめです。

RAW形式をおすすめする理由

RAW形式で記録するメリットは「色味や明るさをそんなに気にせずにどんどん写真を撮れること」です。
撮影した写真を後で見返した時に自分のイメージと違っていても編集で色味や明るさをいくらでも調整することができます。
逆にJPEGは、RAWよりも編集できる幅が狭くなってしまうため、撮影の時からある程度明るさや色作りをしてから撮影をする必要があります。RAWに比べると撮影するのに少し気を使わなければいけません。
カメラを始めたばかりの人からすると「RAW」は聞き馴染みがなくハードルが高く感じると思いますが、個人的には初心者の方にこそRAWの設定をおすすめしたいです。RAW画像を現象する楽しみがわかるとカメラで撮影することがさらに楽しくなると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらから
もくじ