焦点距離ってなに?35mm換算?

お店やネットでカメラのレンズを見ていると必ず目にするのが「16-35mm」「50mm」「70-200mm」などの数値です。
この数値を『焦点距離』と呼び、同時に『35mm換算』というワードも目にすることがあります。『焦点距離』『35mm換算』について理解を深めておくとレンズを選ぶときにとても役立ちます。ここではそんな『焦点距離』や『35mm換算』についてわかりやすく解説してみました。

もくじ

焦点距離や35mm換算を知るとどんな良いことがあるの?

『焦点距離』『35mm換算』を理解しておくと次のようなメリットがあります。

  • レンズ購入に役立つ
  • 撮影時のレンズ選び、交換がスムーズにできる
  • カメラ仲間同士での会話がスムーズになる

そもそも焦点距離とは

『焦点距離』は写真や動画を撮るときの『写る範囲』を表します。レンズごとにその数値が決められていて、数値が小さいほど広い範囲を写し、大きいほど遠くのものを寄せて写すことができます。
自分が何を撮りたいのかによってレンズの焦点距離を選ぶ必要があります。

焦点距離レンズカテゴリー
(定義はない)
被写体
(筆者のイメージです)
〜24mm超広角レンズ壮大な景色、自撮りなど
24mm〜35mm広角レンズ風景、街中スナップ、自撮りなど
35mm〜60mm標準レンズ街中スナップ、ポートレートなど
60mm〜135mm中望遠レンズ人物ポートレートなど
135mm〜望遠レンズ鳥、月など
※35mm換算時(詳細は後程)

同じ焦点距離でもセンサーサイズで写りが変わる!?
役立つ35mm換算

実は同じ焦点距離のレンズを使ってもカメラ本体のセンサーサイズによって写る範囲(画角)が変わってしまいます。
センサーサイズが小さくなるほど写る範囲(画角)は狭くなります。(下イメージ参照)

同じ焦点距離のレンズ使ってもセンサーサイズが違うだけでこんなにも写りが変わってしまうんです…
こうなると困るのは、下のような会話のときです。

APS-Cのカメラを持っているA君フルサイズのカメラを持っているB君の会話

A君

B君の写真かっこいいね!
焦点距離何mmのレンズ?

B君

焦点距離16mmのレンズを使ったよ!

A君

じゃあ僕も焦点距離16mmのレンズ買おう!

この会話はとっても危険です。
A君とB君が持っているカメラのセンサーサイズが違うので、A君が焦点距離16mmのレンズを買ったとしてもB君が撮ったような写真を撮ることはできません。A君の写真はもっと狭い範囲の写真になってしまいます。
こうならないために使われるのが『35mm換算』です。『35mm換算』『フルサイズでの焦点距離に置き換える』ことを指し、これを使うことで画角のイメージを人と合わせることができます。
「35mm換算」と言っても特に難しい計算をする必要はなく、下表のようにセンサーサイズごとに35mm換算時の倍率があるので、それを焦点距離にかけてあげるだけです。

センサーサイズ35mm換算時の倍率換算後の焦点距離
(焦点距離16mmのレンズの場合)
フルサイズ1倍(基準)16mm
APS-C1.5倍24mm相当
APS-C
(キャノン)
1.6倍25.6mm相当
マイクロフォーサーズ2倍32mm相当

「35mm換算」を使うと最初のA君とB君の会話も下のようになります。

APS-Cのカメラを持っているA君フルサイズのカメラを持っているB君の会話

A君

B君の写真かっこいいね!
焦点距離何mmのレンズ?

B君

35mm換算で焦点距離16mmのレンズを使ったよ!

A君

35mm換算で16mmってことはAPS-Cの場合は、
16mm÷1.5(倍率)=10.6mm
くらいか!

A君

じゃあ僕は焦点距離10〜11mmくらいのレンズを買おう!

これでA君が間違ったレンズを買う心配はなくなりましたね。めでたしめでたし!
『35mm換算』はフルサイズを基準にしたものなので、フルサイズのカメラを使っている人には基本的に関係ないものになりますが、理解しておくことで上の会話のようにAPS-C、マイクロフォーサーズのカメラを使っている友達に親切な回答できたりするので、これを機に理解を深めましょう!

おすすめの焦点距離は?

正直なところ誰にでもおすすめできる焦点距離はありません。撮りたいもの(被写体)によって必要な焦点距離が変わるからです。
レンズはかなり値段も高いので、最初はキットレンズを使っても良いかもしれません。大体のキットレンズはズームレンズなので、幅広い焦点距離で撮影ができます。写真や動画を撮っていくと自分の好みの焦点距離がわかってくるので、その後に自分のよく使う焦点距離の単焦点レンズ等の購入を検討しても良いかもしれませんね。

まとめ

『焦点距離』『35mm換算』については理解していただけましたでしょうか?
各焦点距離での画角がどんなものなのかっていうのを理解できると撮影時のレンズ選び、レンズ交換もスムーズにできるようになります。
ちなみに、iPhone 13 Proには35mm換算で13mm、26mm、77mmの3つのレンズが付いているらしいですよ。レンズの購入を検討している人には一つの指標になるかもしれないですね。
それでは素敵なカメラライフを!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらから
もくじ