露出補正とは

ここでは露出補正がどんな機能なのかを解説しました。

もくじ

露出補正とは

特定の撮影モードではカメラが撮影モードに応じてF値やシャッタースピード、ISO感度を自動で調整(自動露出)して、写真を適正な明るさ(露出)にしてくれます。便利な機能ですがあくまでもカメラが適正と判断した明るさなので、実際に自分が求めている明るさとは違う場合があります。そんなカメラと自分の理想の差を埋める機能が『露出補正』です。カメラが設定した露出が明るすぎる場合は露出補正をマイナス側に設定することで暗くすることができます。逆に露出が暗すぎる場合は露出補正をプラス側に設定することで明るくすることができます。

露出とは
露出とは『写真を撮るときにカメラ内に取り込まれる光量のこと』を指します。露出は「F値」「シャッタースピード」「ISO感度」の設定で決まります。

自動露出とは
自動露出機能が働くのはM(マニュアル)モード以外の撮影モードを使う時です。撮影モードに応じてカメラが適正な露出になるように「F値」「シャッタースピード」「ISO感度」の設定を自動で調整してくれます。(Mモードで撮影する時もISO感度をオートにできる機種であれば自動露出機能が働きます。)

まとめ

露出補正について理解できたでしょうか。
AモードやSモードなど半オートでの撮影は設定項目が少なく簡単に撮影ができるのでとても便利ですが、その分明るさの設定がカメラ頼りになってしまいます。露出補正をうまく使って、理想の明るさで写真を撮影できるようにしましょう。
それでは素敵なカメラライフを!

コメント

コメントする

日本語が含まれない場合は表示できません。(スパム対策)

もくじ